安くて高音質なソニー製イヤホン MDR-EX450AP レビュー

愛機であるMDR-EX250が断線したので、5000円以内で高音質なイヤホンはないかと探していたところ、同じソニーのMDR-EX450APを見つけました。

価格は4000円ほどと特別安いわけではありませんが、値段以上の音質だと感じたので詳しくレビューしていきます。

デザイン

パッケージが筒形のプラスチックだったEX250とは違い、しっかりした箱で少し高級感があります。

あと毎回思うんですが、コードの入れ方が複雑すぎではないでしょうか?
いらなくなって売るときに、なかなか再現できず困っております。

 

アルミ製のハウジングは光を反射してなかなか高級感がありますね。

個人的にSONYのロゴがめっちゃかっこいいと思うんですが、すぐに剥げそうで怖い。

 

コードはソニーおなじみのセレーション加工が施されており、絡まりにくいそうです。一見丈夫そうに見えますが、非常に柔らかく割と頼りないです。雑に扱うとすぐ断線しそう…

自分は、無印では無くAPの方を買ったのでマイク内蔵のリモコンが付いています。ただしボタンが一つしか無いので、音楽のオンオフや電話に出る事くらいにしか使えず、音量変更や早送りなどは出来ません。

 

付属品

イヤーピース、保証書、説明書、アジャスター、キャリングポーチが付属しています。

イヤーピースは、SS,S,M,Lの4つです。

 

アジャスターは、コードを巻き付けて長さが調節できるのでなかなか便利です。

 

キャリングポーチは、普通の布製の袋です。僕はスマホに巻き付ける派なので使うことはないでしょう。

 

特徴

小型・高感度の独自開発の12mmドライバーユニット

新しく開発された振動板

振動板を新たに開発し、最小のエッジ幅で最大の可動性を獲得。更に、16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現。振動板の有効面積を最大化することで高い感度を実現します。

 

高磁力ネオジウムマグネット

16mmドライバーユニットと同じサイズの300kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットと、従来のボイスコイルよりも長く、マグネットとの接地を安定させるロングボイスコイルを採用。リニアリティの高い駆動系で、小型でありながら高感度で低歪な音響特性を実現します。

 

軽量で制振性に優れたアルミニウムのハウジング

剛性が高く、軽量なアルミニウムをハウジングに採用。不要な振動を抑制し、明るく澄んだ中高域を実現します。

 ビートレスポンスコントロール

ハウジング上に設けたポート(通気孔)により、低域における通気抵抗をコントロール。振動板の動作を最適化することで低域の過渡特性を改善し、リズムを正確に再現します。

音質

まず最初に聞いたときの感想は、「めっちゃこもってるやんけ!」です。

迫力はあるんですが低音が強すぎて中高音が聞こえない感じでした。しかも若干こもってるという…

EXシリーズってバランス重視だったはずなのに..

エージングすれば変わるかなと思ってしばらく使っていたんですが、ほとんど変化なし。

これはもう売るしか無いかなと思っていたところ、価格コムのレビューで「イヤーピースを変えるとこもらなくなる」という書き込みを発見。

早速イヤーピースをMからSに変えてみたところ…..本当にこもらなくなりました。一気に見通しが良くなり、美しい中高音がよく聞こえます。

まだ若干低音が強いような気がしますが、許容範囲です。

イヤーピースを変えただけだ、低音過多のこもりまくりイヤホンから、美しい高音と迫力のある低音を奏でる神イヤホンにクラスチェンジしました。

イヤーピースだけで、ここまで変わるとは夢にも思わなかったです。

みなさんもイヤホンを購入したら色々なイヤーピースを試してみてください。全く違う音になるかもしれませんよ。

 

総評

最初は低音過多のクソイヤホンかなと思っていましたが、イヤーピースを変えたら解像度が高く中高音が綺麗で迫力のある万能イヤホンに変わりました。

特に高音の美しさは、この価格帯ではトップクラスで、4000円の価値は十分にあると思います。

ぜひ皆さんも購入してみてください。

無印(リモコンがない)の方ならアマゾンで3500円程度で購入できます。



 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。